ご挨拶

 私ども元養蚕農家は、蚕糸業の低迷により桑畑の放置を余儀なくされ、美しい緑の里も桑の林と化され、その責任を感じております。
 幸いにして、桑畑にのみ棲息する「キセル貝」は、肝臓に良いという実験成果が発表されました。また、漢方などでも知られ糖尿にも良いといわれる「カキドオシ」「タラノメ」「雪の下」等、野草がてんぷらとして食卓に顔を見せる機会もふえました。そんな中で「桑の葉」にのみ含まれる特殊成分「DNJ」が、糖分の吸収を妨げ、食後の血糖値上昇を抑制するということが解明され、話題になっており、更に、桑畑の健康食品への活用が見直されてまいりました。
 そこで私たちは、荒れ放題になってしまった桑畑をもとの桑畑に改良し、農村の環境を美しくしながら、「キセル貝」「桑の葉」「カキドオシ」「タラノメ」「雪の下」等を飼育または栽培するために組合を組織し、健康食品として生産供給する活動を進めていくことになりました。
 肝臓や糖尿などで悩んでいられる多くの方々に、そんな私たちの組合の活動を知って頂けますよう、私たちの声が届きますよう、そして皆さんにも健康になって頂きたいと願っております。
 この資料は、関係機関が研究しました成果を集めたものですので、是非参考にされまして健康に役立てて頂きたく存じます。
 今後、私ども組合は、無農薬の桑畑で棲息する「キセル貝」、そこで栽培される「桑の葉」さらに、「タラノメ」「ユキノシタ」「カキドオシ」の生産向上を目指して普及活動を致してまいりますので、安心してご愛用くださいますようお願い致します。
 末文ながら、くれぐれもご健康に留意されご自愛のほどお祈り致します。

 郡山市遊休桑園活用組合
組合長 鈴木栄



キセル貝(カンニャボ)編へ